Coffee Break~おいしいひととき~

2006年4月、ハワイにて挙式。日々の生活を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋

年中本を読んでいるので「読書の秋」ってこともないのですが(笑)。

先日美咲さんが紹介されていた 「ハッピーバースデイ」 。
その日のうちに買って読みました。
心臓がつかまれているような感覚に襲われました。心が痛かったです。
いつか親になった時、この時の感覚を思い出したいと思います。

ステキな本を紹介してくれてありがとう、美咲さん。

この「ハッピーバースデイ」を買うために立ち寄った本屋さんである本と再会しました。

「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」 

これは若くしてガンに倒れた井村和清さんという医師の闘病生活を綴った遺稿集です。
この本と出会ったのは、もう15年以上前のことだったと思います。
確か、テレビでやっていたドキュメンタリー番組を見たのがきっかけでした。

彼は自分がガンに冒され余命幾ばくもないということを十分知りながら
それでも尚、医師としての職務を最後まで全うしたそうです。
自分がつらい立場にありながら、どうしてこんなに人のために尽くせるのだろう?
当時、そんなことを思ったのを記憶しています。

その本と久しぶりに再会してビックリしたことがあります。
それは井村医師が31歳の時に亡くなったということです。
今のわたしよりも若かったことを知ってショックを受けました。
そして彼のような医師が志半ばにして病に倒れてしまったことが
たまらなく残念に思われてなりませんでした。
医療過誤が日常茶飯事のように取りざたされ
医師のモラルが社会問題になっている現状を彼はどう思っているだろか。
今回改めてこの遺稿集を読んで、そんな思いに至りました。

そして「生きている」ということに改めて感謝せずにはいられませんでした。

タイトルの通り、彼には一人娘がいて奥さんのお腹には第二子が宿っていました。
自分が死んだ後、妻子を母一人子一人にしたくないという思いが実ったのだそうです。
生まれてくる子を見ることができないことはどれほど無念だったことでしょう。
そのことを思うと胸が苦しくなりました。

そして今回、「まだ見ぬ子」だった次女の結婚を機に、
新装版として刊行されることになったということです。

ちなみに、スマップの吾郎ちゃん主演でドラマ化されるそうですよ。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

★ぴろこさん 

ぴろこさんも読まれたんですね。
感動というよりも本当に考えさせられる内容だったと思います。

おっしゃるように「死」について書かれている本が
多いかもしれませんね。
ただ悲しみだけが残るものは辛いですが、
そこから何かを学べるような内容だからこそ
広く受け入れられるのかもしれませんね。


  • YUKI 
  • URL 
  • at 2005.09.13 09:56 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2005.09.12 23:56 
  • [編集]

私も読みましたよ~ 

私も読みましたよ~。
とても良い本ですよね。

最近、「死」について書かれている本が多いような気がする。
「幸福な食卓」という本も、
家族と死(正しくは恋人)という観点では、
とてもよく書かれていた本でした。
お勧めです。
  • ぴろこ 
  • URL 
  • at 2005.09.12 21:11 
  • [編集]

★ill_izuさん 

ill_izuさんにも忘れられない本があるんですね。

亡くなった方の闘病記を読むということは、辛く悲しい気持ちにさせられる面もありますけど、それ以上にたくさんのことを教えられるようなきがします。
それは生きることの素晴らしさという単純なものではなくて、ill_izuさんのおっしゃるように生きる責任みたいなものなのかもしれませんね。
  • YUKI 
  • URL 
  • at 2005.09.12 10:34 
  • [編集]

★micoさん 

わたしもたまに家にある本を読み返したりしますよ。
特にわたしは乱読気味なので、2回目でも新鮮な気持ちで読めたりします(笑)。

英語の本はもっぱら勉強のために読むことが多いんですョ。
ただ翻訳モノはかならず原書も読みます。たまに誤訳もありますから。
でも本当はやっぱり和書の方が好きです(笑)。
理解のスピードが違いますからね~。
  • YUKI 
  • URL 
  • at 2005.09.12 10:30 
  • [編集]

★はなさん 

その番組、わたしも観ました。
そして同じようなことを思いました。

ご本人たちはきっと医師として当たり前のことをしたまでだとおっしゃるでしょうが、本当にそれだけでここまで人のために尽くせるのだろうか、何が彼らをそうさせたのか、そんなことを考えてしまいました。
はなさんのおっしゃるように、それが出来たから偉いということではなくて、もっと奥の深いテーマのように思えましたね。
  • YUKI 
  • URL 
  • at 2005.09.12 10:25 
  • [編集]

★atsurinさん 

え~、感想文上手ですか?????
ものすごく苦手なんですよ!
最近はあらすじをまとめる勉強なんかもしているので
以前よりはマシになったかもしれませんがまだまだです。

生きているだけでありがたいというのは口では簡単に言えますけど、やっぱり人間ですからいろいろ考えたり欲張ったりしてしまうと思いますよ。
そんな中でほんの少しでも心に留めていられれば、それでいいんだと思います。

乃南アサさんも野沢尚さんも好きですョ~。
わたしは読み始めると止まらなくなるクチなので
通勤電車の中以外は本は開かないようにしてます。
  • YUKI 
  • URL 
  • at 2005.09.12 10:11 
  • [編集]

★あくりちゃん 

決して読書家というわけではないんですよ~。
ただ何もすることがない時は本を読んでいると落ち着く気がしますね。
ただ、わたしの場合は読むスピードが速かったりななめ読みをしてしまうことがあるので、もっとじっくり読まなきゃな~と思うこともあります。

ところで、デザートビュッフェはめでたくOKでたのね!
よかった~。
  • YUKI 
  • URL 
  • at 2005.09.12 10:03 
  • [編集]

★kope_mayさん 

映画もあったみたいですね。
本について調べている時に知りました~。
TVでやってたドキュメンタリーのことしか知らなかったです。

本は通勤電車の中で読むことが多いですね。
以前は寝る前にも読んでいたのですが、先が気になって読み終わるまで寝られなくなるので最近ではやめてます。
気が付いたら明方なんてこともよくあったんですョ(笑)。
  • YUKI 
  • URL 
  • at 2005.09.12 09:58 
  • [編集]

忘れられない一冊 

最近はめっきり本を読むことがなくなってしまいました。
子供の頃は本の虫だったんですが(^_^;)
その頃読んだ本で今でも忘れられない一冊があります。
「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」の様に病気と闘って亡くなってしまった女の子のお話です。
それが「珠子10歳のレクイエム」
今でも時どき珠子ちゃんの事を思い出します。
普段は生きることなんて考えないけれど時どき思い出しては生きる責任があるんだなと感じたりします。
本は映画やドラマ以上に人の心に入り込むものですよね。
  • ill_izu 
  • URL 
  • at 2005.09.11 01:21 
  • [編集]

読書 

私もハッピーバースデイ読みました。
最近、本をなかなか買いにいけてないので、家にある本を読み返してばかりです。

秋は読書ですよね。
YUKIさんは英語の本もたくさん読んでるんですよね。
私も、まだ読んでない洋書が2冊あるので、読もうかな。
しばらく英語から離れてるから、時間かかるかもしれないけれど・・・^^;
秋は、読書もだけど、勉強もしようかなぁ。
  • mico 
  • URL 
  • at 2005.09.10 12:24 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2005.09.10 11:22 
  • [編集]

昨日 

アンビリーバボーで同じようなエピソードをやってましたぁ。その方はSARSの発見者で、彼が居なかったら 世界でもっともっと感染者・死亡者が増えていただろうって。
そしてその方も、患者さんのウイルスが感染してお亡くなりになってしまいました・・。奥さんと小さいお子さんを残し。。。

YUKIさんの記事を読んで、わたしも人のために自分の身を削ってまでもそこまで尽くせるのだろうか?と思わず考えてしまいました。出来るから偉い、出来ないから偉くない・・とかいう次元ではないような気はしますが。。
でも確実に医療の世界や助かった人達の心に 足跡を残している。
この世に形を残したり、人々の記憶に残ったり・・・そんな人生が生きる目標かもなぁ?と
ちょっと思ったりしました。
  • はな 
  • URL 
  • at 2005.09.09 18:03 
  • [編集]

読書はいいですね 

YUKIさんは文化的な趣味をたくさんお持ちですね。私とは全然違います。

そして、映画の感想もそうですが、とても感想文が上手です。私は感想文が子供の頃からとても苦手で、いつも人の感想文を写していました。

生きていることというのは、当たり前に思ってしまっているからマリッジブルーなんてとろくさいこと言ってるんですね。生きていることだけでも有り難く思いたいです。良い本を読んだんですね。

新幹線通勤を始めて時間がたっぷりあるので最初の1年は毎週図書館で本を借りてきて小説をひたすら読んでいました。乃南あさとか野沢尚とか好きです。

最近ブログを始めてからはもっぱら新幹線のなかでブログ読んだり書いたりしているので読まなくなってしまいました。でもこうやって毎日会話している人が紹介されているのを聞くと読みたくなりますね。また色々教えてください。
  • atsurin 
  • URL 
  • at 2005.09.09 17:37 
  • [編集]

記事を読んでも・・ 

YUKIさんこんにちはーお疲れ様です!
一仕事?!終えたのでブレイク・・ハハ・・
冗談はさておき・

YUKIさんは読書家で本当に尊敬します。しかも素晴らしい本に出会ってらっしゃる。
自殺者が増えるこの近年、その命をこの様に志し半ばで無念に亡くなった方々に神様はなぜ寿命を延ばすという形で命を授けてくれないのだろうといつも感じます。
でも、だからこそ「命は大切」なのだと思いますが・・YUKIさんのおっしゃるとおり、今生きていることを当たり前だと思わないように日々生きていくべきですよね。
ーーーーーーーーー
私ごとですが・・(すみません!)デザートブッフェも「ゲスト同士がお話しやすいし私たちも動きやすい♪などと説得。。洗脳?!し、無事に
アッサリオッケイでした♪ご心配かけました^^
  • あくり 
  • URL 
  • at 2005.09.09 16:25 
  • [編集]

読書 

美咲さんが紹介していた「ハッピーバースディ」は
買って読みましたが、最近あんまり読書してません。
電車通勤してた頃は本が手放せなかったのですが
今は車通勤なのでめっきり読まなくなってしまいました。
買っても、読むのにとっても時間がかかります。
「ハッピー~」は字大きかったしスグ読めましたけどね。
親になることの難しさ?みたいなのを考えさせられる内容でしたよね。

「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」ってズイブン前に映画でありましたよね?
過去に観たような観てないような・・・
へぇ~吾郎ちゃんがドラマやるんですかぁ~。
なかなか似合いそうですよね。
じゃーその前に本読んでみようかな。
  • kope_may 
  • URL 
  • at 2005.09.09 16:22 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://yukiyukisnow.blog11.fc2.com/tb.php/78-fa96d4d1

左サイドメニュー

Profile

YUKI

  • Author:YUKI
  • ♪住まい♪
     東京

    ♪好きなこと♪
     本を読む
     ミュージカルを観る
     コーヒーを淹れる

    ♪挙式♪
     2006年4月にハワイにて

    *Church*
    キャルバリーバイザシー
    *Produce*
    ハワイアンブライダルサービス
    *Hair&Makeup*
    MIHOさん
    *Photographer*
    TOMOさん
    *Reception*
    サンスーシー
    *Hotel*
    オアフ島:ハレクラニ&ハワイアナ
    ハワイ島:マウナラニベイ




Recent Entries

FC2 Counter

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

Calender & Archive

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

Serch in this Blog

Recommend

  • 日比谷花壇の旬の花シリーズ
  • 商品一覧(柳宗理)
  • animation01_120x60

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。